理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ
理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ これですべてがわかる!トラブルのない美肌になるには?
HOME » 【S】しみ・そばかす Stain~美肌の大敵!その改善法とは

【S】しみ・そばかす Stain~美肌の大敵!その改善法とは

美肌になるには、しみやそばかすの予防・改善が必須。しみやそばかすの原因、種類、対策を知って、しみやそばかすのないきれいな肌を目指しましょう!

しみ・そばかすができるメカニズム

しみの原因は、なんといっても紫外線。紫外線を浴びると、肌は紫外線から細胞核を守るためにメラニン色素をつくり出し、紫外線が真皮にまで届かないようにするのです。

このメラニンは、通常、肌のターンオーバーによってはがれ落ちていくのですが、ストレスやホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、加齢、バランスの悪い食事など、さまざまなによってターンオーバーが乱れるとはがれ落ちることができず、蓄積して、しみになってしまうのです。

しみの種類

しみにはいくつかの種類があります。

■老人性色素斑

スポット斑や光老人性色素斑とも呼ばれる。紫外線が原因でできるしみ。数ミリ~数十ミリの大きさで、丸く平坦なことが多い。頬やこめかみにできやすい。

■雀卵斑

いわゆる「そばかす」。鼻を中心に、小さな斑点ができる。遺伝的なもので、小学生の頃から出はじめる。淡褐色で、形は不規則。成長とともに濃くなることもある。

■肝斑

額や頬、目や口の周りに、左右対称にできるのが特徴。30~40代の女性に多く、妊娠や経口避妊薬によって生じたり、悪化することもあるため、女性ホルモンが関係していると考えられている。紫外線で悪化することもある。

■炎症後色素沈着

やけどやニキビなどの肌の炎症が治った後にできる。色は褐色。時間が経つと薄くなることが多い。

しみ・そばかすの予防・改善方法

まず大切なのは、紫外線にあたらないこと。しみ・そばかすの予防のためにももちろんですが、できてしまったしみ・そばかすも、紫外線にあたることで悪化してしまう場合があります。紫外線を防ぐUVクリームや、日傘などでしっかり防ぎましょう。また、肌が乾燥していると紫外線の影響を受けやすくなるので、しっかりと保湿しましょう。

また、メラニンの生成を抑えるビタミンCや、血行促進作用や抗酸化作用のあるビタミンEを積極的に摂るなど、栄養バランスのいい食事を摂ることも大切です。

ストレスは、活性酸素を増やしてメラニンの生成を過剰にしたり、ホルモンバランスを崩して肝斑を引き起こすこともあるので、あまりストレスをためないようにしましょう。

ライン

 

きらきら「プラセンタ Placenta~クレオパトラも愛用した美肌成分」はこちら>>

きらきら「紫外線対策 UV protection~色白肌を守る正しいつけ方」はこちら>>

きらきら「漢方薬 Herbal medicine~体の中から美肌になる効果とは」はこちら>>

きらきら「女性ホルモン Female hormones~美肌との関係とは」はこちら>>