理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ
理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ これですべてがわかる!トラブルのない美肌になるには?
HOME » 【S】睡眠  Sleep~質の良い眠りは美肌づくりの第一歩!

【S】睡眠  Sleep~質の良い眠りは美肌づくりの第一歩!

睡眠不足はお肌の大敵。睡眠が肌におよぼす影響と、お肌のための睡眠方法についてまとめています。

なぜ美肌のために睡眠が大切なのか

「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことのある人はたくさんいると思います。22時から2時の間は、成長ホルモンが分泌されやすいので、この時間に眠ると、肌の調子が整えられるといわれています。このゴールデンタイムには諸説あり、現在は、22時から2時という時間に限らず、入眠後3~4時間がもっとも成長ホルモンが分泌されるといわれ、この時間に、いかに質のいい睡眠をとるかが重要だとされています。

睡眠イメージ画像睡眠不足で目の下にクマができたことがある人は少なくないと思います。これは、睡眠不足や質の悪い睡眠によって、血行が悪くなったために起こります。さらに、血行が悪くなると、体の免疫機能も低下します。免疫が弱くなると、外からの刺激に弱くなり、しみやしわの原因ともいわれる炎症反応を引き起こしてしまうこともあります。

こうした血行不良を防ぐには、質のいい睡眠が必要です。眠っている間は肌の血管が広がりやすいため、質のいい睡眠は血行をよくするといわれています。血行がよくなれば、体の隅々にまで栄養がしっかり届き、肌も元気になります。ツヤが出て、化粧のノリもよくなります。ターンオーバーも正常化されます。このように、質のいい睡眠をとることは、肌にとっていいことだらけなのです。

美肌のための睡眠方法

■食事は寝る2時間前までに

胃の中に食べ物がある状態で眠ってしまうと、消化に負担がかかり、睡眠の質が低下します。できれば食事は就寝の3時間前、少なくとも2時間前には終わらせるようにしましょう。

■入浴は1時間前までに

お風呂は、就寝の1時間前までにすませましょう。熱いお風呂は交感神経を刺激してしまうので、ぬるめのお風呂にゆったりつかるようにしましょう。

■コーヒーを飲むなら午前中

眠気覚ましの作用があるカフェインを午後に摂ると、その効果が夜まで続いてしまうこともあります。コーヒーや紅茶、緑茶など、カフェインを含む飲み物を飲むなら、午前中に。飲む量も1~2杯程度に抑えましょう。

■寝る前はテレビやパソコンを見ない

パソコンやテレビの光は脳に刺激を与えて、頭を覚醒させてしまうので、寝る前には見ないようにしましょう。携帯電話やスマートフォンも同様です。

ライン

 

きらきら「しみ・そばかす Stain~美肌の大敵!その改善法とは」はこちら>>

きらきら「入浴 Bathing~毎日の習慣で美肌に差をつける!」はこちら>>

きらきら「FGF ~成長因子で美肌に拍車をかける」はこちら>>