理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ
理想の愛され肌を手に入れる!美肌になるにはAtoZ これですべてがわかる!トラブルのない美肌になるには?
HOME » 【F】女性ホルモン Female hormones~美肌との関係とは

【F】女性ホルモン Female hormones~美肌との関係とは

女性ホルモンと肌コンディションは密接な関係にあります。2つの女性ホルモンの分泌時期と肌の状態を知って、適切なケアを行うようにしましょう。

女性ホルモンと肌との関係って?

女性ホルモンには、プロゲステロンとエストロゲンの2つの種類があります。

エストロゲンは、卵胞ホルモンとも呼ばれ、女性らしい体をつくります。子宮に働きかけ、妊娠に備えるため子宮の内側を覆う粘膜を厚くしたり、自律神経を安定させたり、骨や皮膚、脳を健やかに保ちます。コラーゲンの生成を促進させます。生理の終わりから排卵前の低温相期に分泌量が増え、肌も体も、心も安定している時期です。

女性画像プロゲステロンは、黄体ホルモンとも呼ばれる、妊娠を助けるホルモンです。受精卵が子宮内膜に着床しやすくしたり、水分や栄養素をため込んで妊娠を継続させる作用があります。排卵後から次の生理までの黄体期、いわゆる高温相期に分泌され、人によっては、腹痛や腰痛、むくみ、イライラなどの月経前症候群(PMS)の症状が出る場合があります。

この女性ホルモンと肌のコンディションは、密接に関係しています。

たとえば、排卵前は、肌のバリア機能が高く、排卵日には、肌のコンディションはもっともベストの状態になるといわれています。新しい化粧品を試したり、毛穴のケアやエステのマッサージなど、スペシャルケアを行うのであれば、この時期がおすすめです。

その後、プロゲステロンが分泌される黄体期になると、肌のバリア機能が落ち、生理前には、肌がもっとも敏感になります。プロゲステロンには、皮脂の分泌を促す作用があるので、皮脂の分泌量が増え、ニキビができたり、肌荒れを起こしやすくなります。紫外線にも敏感になり、しみやそばかすもできやすくなるので、スキンケアはとくに丁寧に行いましょう。いつもの化粧品にも過敏に反応したりすることもあるので、この時期に新しい化粧品を試したり、ピーリングや顔そりなど、特別なケアをするのはNGです。

生理前~生理中のスキンケア

肌のバリア機能が落ちる生理前は、肌のお手入れはとくに慎重に。いつもよりも皮脂の分泌量が多くなっていますが、バリア機能が落ちているので、洗顔のしすぎはいけません。

洗顔後の保湿ケアはしっかりと。この時期、ニキビができる場合もありますが、しっかり保湿をしないと肌が乾燥してしまい、より刺激を受けやすくなってしまいます。紫外線にも敏感になっているので、UVケアも忘れずに。いつもの化粧品でも刺激を感じるときは、よりお肌にやさしい、刺激の少ないものに変えてみるのもいいでしょう。ニキビや吹き出物が気になる場合は、食事の油分を控えましょう。

プラセンタにはホルモンバランスを調整する作用もあるので、とくに肌コンディションが悪かったり、PMSの症状に悩まされている人にはおすすめです。

ライン

 

きらきら「プラセンタ Placenta~クレオパトラも愛用した美肌成分」はこちら>>

きらきら「化粧水  Lotion~美肌習慣の基本」はこちら>>

きらきら「ニキビ Acne~ツルツル肌を取り戻す美肌術とは」はこちら>>